Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL 1.1.1l」が公開 - 2件の脆弱性を修正

OpenSSLの開発チームは、脆弱性を修正したセキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.1l」をリリースした。

今回のアップデートは、2件の脆弱性「CVE-2021-3711」「CVE-2021-3712」に対処したもの。「CVE-2021-3711」は、「SM2」で暗号化されたデータを復号化するAPI関数を呼び出す際にバッファオーバーフローが生じるおそれがある脆弱性。重要度は「高(High)」とレーティングされている。

一方、「CVE-2021-3712」は、「ASN.1」の文字列処理において、終端を正しく判別できず、バッファオーバーランが生じる脆弱性。重要度は1段階低い「中(Moderate)」と評価した。

開発チームでは、脆弱性に対処した最新版となる「同1.1.1l.」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

「同1.0.2」に関しては「CVE-2021-3711」は影響を受けないものの、「CVE-2021-3712」は「同1.0.2y」および以前のバージョンに存在するとしている。「同1.0.2」系は、すでに一般向けのサポートを終了しており、プレミアムサポートを契約して更新するか、「同1.1.1l.」へアップデートするよう求めている。

(Security NEXT - 2021/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス