Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

eコマース事業者向け情報サイトでアカウント情報が流出 - 原因は調査中

eコマース事業者向け情報サイト「ECのミカタ」において、2018年10月12日までに登録されたログイン用メールアドレスとハッシュ化されたパスワードが外部に流出したことがわかった。

2018年10月12日まで登録された同サイトの会員や契約企業のログインに用いるメールアドレスやハッシュ化したパスワード1万3756件が外部に流出したもの。

7月12日に一部メディアより指摘があり、外部事業者が調査を行ったところ判明したという。流出の経路や原因はわかっておらず、調査を進めているという。

外部メディアが入手したいきさつや、外部への流出状況、他データの流出の可能性なども明らかにしていない。同社に取材を求めているが、コメントは得られていない。

今回の問題を受けて全ユーザーのパスワードについてリセットを実施。他サイトで同じアカウント情報の使い回しなどを行っている場合は、変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も