Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド設定ミスによる顧客情報流出で対象者を特定 - 琉球銀

琉球銀行は、顧客情報を管理するクラウドサービスの設定不備があった問題で、245件の顧客情報が外部へ流出したことを明らかにした。

同行において、セールスフォース・ドットコムのクラウドサービスでシステムを構築していた「りゅうぎんWeb申込サイト」において設定の不備があり、2020年11月から2021年2月にかけて外部より複数回のアクセスを受けていたことが判明。顧客情報445件が外部へ流出した可能性があるとして6月に事態を公表し、詳細を調べていた。

ログなどの調査を進め、重複など取り除いたところ、顧客情報245件が外部よりアクセスを受けていたことを特定したという。

同行では、対象となる顧客に対し、メールや書面、電話などを通じて経緯の説明と謝罪を実施。関連する被害が発生していないことを確認した。

今後同行では、外部クラウドシステム利用時のセキュリティ対策について見直しを実施し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2021/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ