Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 91」が公開に - 脆弱性11件に対応

Mozilla Foundationは、最新版のブラウザ「Firefox 91」をリリースした。

今回のアップデートでは、プライベートブラウジングにおいてデフォルトで「HTTPS」による接続を試行するよう変更した。また「Cookie」を削除する機能の強化のほか、Windowsのシングルサインオンに対応。印刷機能を拡充したほか、ユーザビリティの改善などを図っている。

さらに1200件超のバグを修正し、脆弱性については11件を解消している。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

1段階低い「高(High)」とされる脆弱性が8件、「中(Moderate)」の脆弱性が2件、「低(Low)」が1件としており、メモリ処理に関する脆弱性をはじめ、修正を行った。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-29980
CVE-2021-29981
CVE-2021-29982
CVE-2021-29983
CVE-2021-29984
CVE-2021-29985
CVE-2021-29986
CVE-2021-29987
CVE-2021-29988
CVE-2021-29989
CVE-2021-29990

(Security NEXT - 2021/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応