Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 91」が公開に - 脆弱性11件に対応

Mozilla Foundationは、最新版のブラウザ「Firefox 91」をリリースした。

今回のアップデートでは、プライベートブラウジングにおいてデフォルトで「HTTPS」による接続を試行するよう変更した。また「Cookie」を削除する機能の強化のほか、Windowsのシングルサインオンに対応。印刷機能を拡充したほか、ユーザビリティの改善などを図っている。

さらに1200件超のバグを修正し、脆弱性については11件を解消している。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

1段階低い「高(High)」とされる脆弱性が8件、「中(Moderate)」の脆弱性が2件、「低(Low)」が1件としており、メモリ処理に関する脆弱性をはじめ、修正を行った。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-29980
CVE-2021-29981
CVE-2021-29982
CVE-2021-29983
CVE-2021-29984
CVE-2021-29985
CVE-2021-29986
CVE-2021-29987
CVE-2021-29988
CVE-2021-29989
CVE-2021-29990

(Security NEXT - 2021/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス