Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース

化学物質や法規制などのデータベース事業などを展開する日本ケミカルデータベース(JCDB)が不正アクセスを受け、顧客のメールアドレスやパスワードが流出したことがわかった。

同社によれば、個人顧客のメールアドレスおよびログインパスワード1652件のほか、企業のメールアドレス166件が外部に流出したもの。

7月5日にウェブサイトが不正アクセスを受けた可能性があることへ気が付き、調査を行ったところ、ウェブサイトにある試用体験ページの検索欄からSQLインジェクション攻撃を受けていたことが判明した。マルウェアによる被害などは確認されていないとしている。

同社では、アカウント情報が流出した顧客に対してメールで個別に謝罪するほか、あらたなパスワードを通知。警察や個人情報保護委員会へ報告を行った。

(Security NEXT - 2021/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開