Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース

化学物質や法規制などのデータベース事業などを展開する日本ケミカルデータベース(JCDB)が不正アクセスを受け、顧客のメールアドレスやパスワードが流出したことがわかった。

同社によれば、個人顧客のメールアドレスおよびログインパスワード1652件のほか、企業のメールアドレス166件が外部に流出したもの。

7月5日にウェブサイトが不正アクセスを受けた可能性があることへ気が付き、調査を行ったところ、ウェブサイトにある試用体験ページの検索欄からSQLインジェクション攻撃を受けていたことが判明した。マルウェアによる被害などは確認されていないとしている。

同社では、アカウント情報が流出した顧客に対してメールで個別に謝罪するほか、あらたなパスワードを通知。警察や個人情報保護委員会へ報告を行った。

(Security NEXT - 2021/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も