Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Citrixの仮想デスクトップ製品に権限昇格の脆弱性

Citrix Systemsは、デスクトップやアプリ環境の仮想化製品「Citrix Virtual Apps and Desktops」「Citrix XenApp」「Citrix XenDesktop」の脆弱性を解消するセキュリティアップデートをリリースした。

これら製品においてアクセス制御の不備があり、権限の昇格が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2021-22928」が明らかとなったもの。

「Citrix Profile Management」「Citrix Profile Management WMIプラグイン」がインストールされており「Windows VDA」にアクセスする権限があるユーザーによって、「Windows VDA」上のSYSTEM権限を取得されるおそれがある。

同社では同脆弱性を解消するホットフィクスを用意。影響を受ける環境に対し、できるだけ早く適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
「とうきょう認知症ナビ」に医師の自宅住所など誤掲載
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査