Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA

「TSUTAYA online」において、外部の第三者が同サイト会員に

になりすました不正ログインが複数件確認された。7月2日時点で一時的にログインを停止している。

同サービスを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブによれば、6月16日から同月30日までの間、TSUTAYA onlineにおいて、会員本人になりすました数件の不正ログインが確認された。

不正ログインをして商品が購入された事実はないが、顧客の個人情報を守るため、一時的にTSUTAYA online会員のログインを停止している。不正アクセス対策を講じたうえで、ログインを再開するとしている。

(Security NEXT - 2021/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
オンライン書店「honto」で不正ログインの可能性
電子書籍ストアに不正ログイン - 外部でPWなど入手か
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
ふるさと納税支援サイトにPWリスト攻撃 - 2000以上のIPアドレスから
メタップスP、クレカ情報など最大約46万件が流出か - 不正ログインやSQLi攻撃で
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン