Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県

奈良県は、担い手・農地マネジメント課において個人情報を含む一部行政文書が所在不明になっていることを明らかにした。

同県によれば、1989年度の農業改良資金貸付に関する文書など、5冊の行政文書が所在不明となっていることが判明したもの。2月下旬から3月上旬に図書情報館や地下書庫へ文書を移管する手続きを進める過程で判明した。

5冊のうち、農業改良資金貸付に関する文書については、同種の文書から貸付金申請者の氏名、当時の住所、電話番号、陰影、農業経営の状況、連帯保証人の氏名などが含まれていたと見られる。

個人情報については、別の文書により少なくとも貸付を受けた37人分の情報が含まれることがわかっているが、実際に文書へ記載されている件数はわからないという。

同県では、貸付から30年以上経過しており、本人に連絡を取ることは難しく、連絡を取ることによってあらたに個人情報が漏洩するおそれもあるとして、同県より個別に連絡は取らない方針。貸付については、すでに償還も終わっており、紛失による業務への影響はないとしている。

(Security NEXT - 2021/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団