Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も

高齢者向け宅配弁当サービスを提供する宅配クック123のフランチャイズ店従業員が、顧客情報が記載された書類を配達中に紛失したことがわかった。

同サービスを運営するシニアライフクリエイトによれば、フランチャイズ店である沼津三島店の従業員が、5月30日に顧客情報を含む書類37枚を配達中に紛失したもの。

紛失した書類には、同店で受託する沼津市配食サービスの利用者15人分と一般の利用者22人分の個人情報が記載されていた。氏名や住所、電話番号、緊急連絡先の氏名と電話番号、利用している商品名と価格、アレルギーなどの情報が含まれる。

紛失に気づき、店舗からの経路を捜索したが発見できなかった。同社では、沼津市配食サービスの担当者に報告と謝罪を実施。一般の利用者には電話で報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院