Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前

日之出出版が運営する通信販売サイト2サイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報が外部に流出し、不正に利用された可能性があることがわかった。

雑誌「Safari」の公式通販サイト「Safari Lounge」では、システム上に脆弱性があり、2020年1月9日から2020年5月29日までに同サイトで入力されたクレジットカード情報4544件が流出し、不正に利用された可能性がある。

さらに同社が運営する「日之出出版公式ストア」においても不正アクセスが判明した。2020年4月22日から同年6月4日までに利用されたクレジットカード情報1403件を対象としており、いずれもクレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードを窃取されたおそれがある

同社通信販売サイトよりクレジットカード情報が流出した可能性については、クレジットカード会社より決済代行会社を通じて、2020年5月27日に指摘を受けたという。調査は同年7月17日に完了。対象となる範囲については、クレジットカードの不正利用による被害の発生状況とフォレンジック調査結果を踏まえて判断したという。

今回の問題を受けて、同社では2020年12月18日に個人情報保護委員会と警察へ報告。対象となる顧客に対しては、2021年6月10日よりメールで経緯の説明と謝罪を行い、身に覚えのない請求が行われていないか注意喚起を行うとしている。

(Security NEXT - 2021/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告
NISCの一部システム情報が外部流出 - 富士通「ProjectWEB」への不正アクセスで
社内外で利用する「プロジェクト情報共有ツール」に不正アクセス - 富士通
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
香水通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害