Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe

Adobe Systemsは、米時間6月8日に11製品に対してセキュリティアップデートをリリースした。3日以内に更新を求める緊急性が高いアップデートは含まれていないが、7製品では深刻な脆弱性に対処している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、同社11製品に対してアップデートをリリースしたもの。

具体的には、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」をはじめ、「Adobe Photoshop」「Adobe After Effects」「Adobe Animate」「Adobe Creative Cloud Desktop Application」「Adobe RoboHelp Server」向けのセキュリティアップデートでは、重要度が3段階中、もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性の修正が含まれる。

「Adobe Experience Manager」「Adobe Connect」「Adobe Photoshop Elements」「Adobe Premiere Elements」に関しては、2番目に高い「重要(Important)」とされる脆弱性などへ対処した。

一方、各アップデートの「適用優先度」を見ると、3日以内を目安とする「1」とレーティングされているものはなかった。「Adobe Acrobat and Reader」「Adobe Experience Manager」については、次に高い「2」とレーティングされており、30日以内を目安にアップデートを講じるよう求めている。他アップデートについては、任意の更新を求める「3」とした。

(Security NEXT - 2021/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社