Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe

Adobe Systemsは、米時間6月8日に11製品に対してセキュリティアップデートをリリースした。3日以内に更新を求める緊急性が高いアップデートは含まれていないが、7製品では深刻な脆弱性に対処している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、同社11製品に対してアップデートをリリースしたもの。

具体的には、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」をはじめ、「Adobe Photoshop」「Adobe After Effects」「Adobe Animate」「Adobe Creative Cloud Desktop Application」「Adobe RoboHelp Server」向けのセキュリティアップデートでは、重要度が3段階中、もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性の修正が含まれる。

「Adobe Experience Manager」「Adobe Connect」「Adobe Photoshop Elements」「Adobe Premiere Elements」に関しては、2番目に高い「重要(Important)」とされる脆弱性などへ対処した。

一方、各アップデートの「適用優先度」を見ると、3日以内を目安とする「1」とレーティングされているものはなかった。「Adobe Acrobat and Reader」「Adobe Experience Manager」については、次に高い「2」とレーティングされており、30日以内を目安にアップデートを講じるよう求めている。他アップデートについては、任意の更新を求める「3」とした。

(Security NEXT - 2021/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委