Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ヨドバシカメラ」を装うフィッシングに注意

大手家電量販店のヨドバシカメラが運営するオンラインショッピングサイト「ヨドバシ・ドット・コム」を装ったフィッシング攻撃が確認された。同社やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20210520_ap_001.jpg
フィッシングメールの例(画像:フィ対協)

「アカウント再設定ページへの連絡」や「カード情報更新のお知らせ」などとして利用者をだますフィッシングメールが出回っているもの。ログインの確認やアカウントの凍結などを装うケースなどもあるという。

メールに記載されたリンクよりフィッシングサイトへ誘導しており、誘導先ではIDやパスワードのほか、氏名や性別、生年月日、住所、電話番号、クレジットカード情報などを入力させようとしていた。少なくとも10種類以上のURLが悪用されているものと見られる。

フィッシングサイトは、5月20日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けて調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など