Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ヨドバシカメラ」を装うフィッシングに注意

大手家電量販店のヨドバシカメラが運営するオンラインショッピングサイト「ヨドバシ・ドット・コム」を装ったフィッシング攻撃が確認された。同社やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20210520_ap_001.jpg
フィッシングメールの例(画像:フィ対協)

「アカウント再設定ページへの連絡」や「カード情報更新のお知らせ」などとして利用者をだますフィッシングメールが出回っているもの。ログインの確認やアカウントの凍結などを装うケースなどもあるという。

メールに記載されたリンクよりフィッシングサイトへ誘導しており、誘導先ではIDやパスワードのほか、氏名や性別、生年月日、住所、電話番号、クレジットカード情報などを入力させようとしていた。少なくとも10種類以上のURLが悪用されているものと見られる。

フィッシングサイトは、5月20日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けて調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に