Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション

印刷機械メーカーの小森コーポレーションは、米国子会社のファイルサーバがランサムウェアによる攻撃を受けたことを明らかにした。サーバ内の一部データが流出した可能性があるとして調査を進めている。

同社によれば、2月8日に同サーバで異常を検知。ランサムウェアの感染を確認したため、対象サーバとなるアクセスを遮断し、セキュリティ事業者によるサーバの復旧作業とセキュリティ対策を進めていた。

攻撃を受けたサーバ内のデータと思われる情報が外部で公開されていることを確認。同社では、サーバ内部のデータが流出した可能性があるとして、現地捜査機関に被害を届けるとともに、被害範囲の特定を進めている。詳しい状況が判明次第、報告する方針。

また今回の攻撃は米国子会社のサーバに対するもので、同社や国内子会社、米国以外の現地法人については異なるネットワーク環境で運用しており、影響はないとしている。

(Security NEXT - 2021/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
海外子会社がランサム被害、休日返上100人体制で復旧 - 加賀電子
ランサムウェアによるサイバー攻撃で被害 - ボランティア団体
東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構