Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション

印刷機械メーカーの小森コーポレーションは、米国子会社のファイルサーバがランサムウェアによる攻撃を受けたことを明らかにした。サーバ内の一部データが流出した可能性があるとして調査を進めている。

同社によれば、2月8日に同サーバで異常を検知。ランサムウェアの感染を確認したため、対象サーバとなるアクセスを遮断し、セキュリティ事業者によるサーバの復旧作業とセキュリティ対策を進めていた。

攻撃を受けたサーバ内のデータと思われる情報が外部で公開されていることを確認。同社では、サーバ内部のデータが流出した可能性があるとして、現地捜査機関に被害を届けるとともに、被害範囲の特定を進めている。詳しい状況が判明次第、報告する方針。

また今回の攻撃は米国子会社のサーバに対するもので、同社や国内子会社、米国以外の現地法人については異なるネットワーク環境で運用しており、影響はないとしている。

(Security NEXT - 2021/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
サーバがランサム感染、個人情報流出の可能性 - 豊島
サーバがランサム被害、請求書発行などが停止 - 宮崎電子機器
UTM設置時のテストアカウントが未削除、ランサム感染の原因に
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
ランサム被害で情報流出のおそれ、調査を継続 - フュートレック