Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開

トレンドマイクロのパスワード管理製品「パスワードマネージャー」に、意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品のWindows版において、検索パスに問題があり、インストーラー起動時に同一ディレクトリに存在する特定のライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2021-28647」が明らかとなったもの。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「7.8」とレーティングされている。悪用は確認されていない。

2020年12月18日に研究者より脆弱性の指摘があり、同社は脆弱性を修正した「同5.0.0.1217」をリリースしている。アップデートは自動的に配信、適用されるとしている。

同製品では、2020年4月にもWindows版における「DLLハイジャック」の脆弱性「CVE-2020-8469」を公表しているが、別の脆弱性となる。

(Security NEXT - 2021/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース