Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都

東京都は、建築物の定期調査報告概要書などが都庁内で所在不明になっていることを明らかにした。閲覧用に保管している資料で、申請者による閲覧後、見当たらなくなったという。

都によれば、4月9日に都市整備局において、閲覧用に保管している建築物1件の定期調査報告概要書および定期検査報告概要書が所在不明になっていることが判明したもの。

これら資料は、建築基準法に基づき自治体が公開しており、申請すれば誰でも閲覧できる。建築物の管理者1人の氏名と調査者2人および検査者4人の氏名、勤務先、資格などが記載されていた。

4月9日に申請者が同資料を閲覧したが、その後、資料が見あたらないことが判明。閲覧者に確認したところ、職員に手渡したとし、持ち出していないとの回答だったという。

同月21日の時点で見つかっておらず、都では個人情報が記載されていたことから、対象となる関係者に連絡を取り、事情を説明するとともに謝罪を行っている。元データは保存されており、業務への影響はないとしている。

(Security NEXT - 2021/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
2021年3Qの「JVN iPedia」登録数は3202件 - 3期連続で増加
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に