Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も

SAPは、4月の月例セキュリティパッチを公開した。リモートよりコードを実行されるおそれがある深刻な脆弱性などに対処している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてアップデートをリリースしたもの。あらたに14件のアドバイザリを公開。既存アドバイザリ5件のアップデートとあわせて対処を求めている。

なかでも「SAP Commerce」で明らかとなったリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-27602」は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」においてベーススコアが「9.9」とレーティングされている。

2018年8月に公開された「Google Chromium delivered with SAP」、2021年3月に公開された「SAP NetWeaver AS JAVA」のアドバイザリに対するアップデートとあわせ、これら3件を同社は適用優先度を4段階中もっとも高い「Hot News」とレーティングし、利用者へ早急な対応を促している。

あわせて適用優先度が「高(High)」のアドバイザリ5件や、「中(Medium)」のアドバイザリ11件を公開している。更新も含め、19件のアドバイザリで対処した脆弱性は、CVEベースで以下のとおり。

CVE-2020-26832
CVE-2021-21481
CVE-2021-21482
CVE-2021-21483
CVE-2021-21485
CVE-2021-21491
CVE-2021-21492
CVE-2021-27598
CVE-2021-27599
CVE-2021-27600
CVE-2021-27601
CVE-2021-27602
CVE-2021-27603
CVE-2021-27604
CVE-2021-27605
CVE-2021-27608
CVE-2021-27609

(Security NEXT - 2021/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で