Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー

遺伝子解析サービスなどを手がける生物技研は、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。迷惑メールが送信されたほか、受信メールが外部に流出した可能性がある。

同社によれば、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受けたもので、脆弱なパスワードを設定していたことが原因と見られている。

2月25日1時15分前後や、3月9日23時45分から10日0時半ごろにかけて、同社とのやり取りしたメールが引用される形で外部のメールアドレスより迷惑メールが送信された。

また今回の不正アクセスにより、メールサーバに残っていた2月16日から24日、同月26日から3月2日に受信した約2500件のメールが外部に流出した可能性があるという。

流出対象となるメールにおいて、どのような情報が含まれていたかは明らかにされていない。同社に取材を求めたが、「関係者のみ対応している」としてコメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答