Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー

遺伝子解析サービスなどを手がける生物技研は、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。迷惑メールが送信されたほか、受信メールが外部に流出した可能性がある。

同社によれば、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受けたもので、脆弱なパスワードを設定していたことが原因と見られている。

2月25日1時15分前後や、3月9日23時45分から10日0時半ごろにかけて、同社とのやり取りしたメールが引用される形で外部のメールアドレスより迷惑メールが送信された。

また今回の不正アクセスにより、メールサーバに残っていた2月16日から24日、同月26日から3月2日に受信した約2500件のメールが外部に流出した可能性があるという。

流出対象となるメールにおいて、どのような情報が含まれていたかは明らかにされていない。同社に取材を求めたが、「関係者のみ対応している」としてコメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
「新冠ワクチン接種のお知らせ」? - ワクチン接種の便乗フィッシングに注意
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性19件を修正
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
「dアカウント」の奪取狙う「偽NTTドコモ」のフィッシング攻撃に注意
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく