Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応

Googleは、「Windows」「macOS」「Linux」向けにブラウザの最新版となる「Chrome 89.0.4389.72」をリリースした。一部はすでに悪用されているという。

「Chrome 89」では、「WebHID」「WebNFC」「Web Serial」の実装など機能強化のほか、セキュリティに関する47件の修正を実施した。CVEベースで33件の脆弱性を解消したことを明らかにしている。

今回のアップデートに重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていないが、一部で悪用の報告が寄せられている。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は8件。バッファオーバーフローや解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性などに対処した。音声を処理するオブジェクトの処理において明らかとなった「CVE-2021-21166」については、悪用の報告が寄せられているという。

さらに1段階低い「中(Medium)」とされる脆弱性16件を修正したほか、「低(Low)」とされる脆弱性9件を解消した。同社では数日から数週間をかけてアップデートを展開していく。

(Security NEXT - 2021/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに