Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催

防衛省は、サイバーセキュリティ人材の発掘を目的にサイバーコンテストを開催する。2月12日まで参加者を募集している。

20210125_mo_001.jpg
サイバーコンテストを防衛省が主催

同コンテストは、サイバーセキュリティに関する専門的知見を備えた人材を発掘することを目的としたもの。オンラインで個人戦によるCTF形式で実施する。成績優秀者上位5名については、氏名またはハンドルネームを同省のウェブサイトに掲載し、表彰する予定。

開催日時は3月14日9時から21時、参加には日本国籍を有する必要がある。防衛省や自衛隊の職員は対象外。またPPTP、あるいはL2TP/IPsecを用いてVPN接続が可能なネットワーク環境と、LinuxまたはWindowsが動作するパソコンなどを用意する必要がある。

参加募集期間は2月12日まで。定員は200人を予定しており、超過した場合は早期に募集が締め切りとなる場合がある。募集要項や参加方法など詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催