Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性

米Vanderbilt大学が開発し、新型コロナウイルスの調査をはじめ、医療機関の臨床研究などで活用されているデータ管理システム「REDCap」の旧版に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

「同10.3.4」に含まれる「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2020-26712」について、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による評価が公表されたもの。

同脆弱性は、2020年10月にリリースされた「同10.3.5」で、マイナーなセキュリティ修正として対処されたとあるが、「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において同脆弱性のベーススコアを「9.8」とレーティングした。

「同10.3.5」リリース後、同脆弱性の実証コード(PoC)も公開されており、データベースへアクセス可能なユーザーによって不正に操作され、データの流出や破壊につながるおそれがあると指摘されている。また「同10.0.20」についても同脆弱性が存在するという。

同脆弱性は「同10.3.5」以降で修正済みで、2020年12月30日に「同10.6.3」がリリースされている。

(Security NEXT - 2021/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新