Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市

横浜市は、2020年12月に個人情報に関連する22件の事務処理ミスが発生したことを明らかにした。メールの送信ミスや書類の誤交付、紛失などが含まれる。

同月に発生した事務処理ミスの状況について取りまとめたもの。同市によれば、45件のうち、22件が個人情報に関連する事務処理ミスで、あわせて52人分の個人情報が流出した。

メールの誤送信や書類の誤送付など6件のほか、誤交付4件、書類の紛失6件が発生。また指定管理者や委託先において、名簿の紛失や介護サービス関連書類の誤送付など6件の事務処理ミスがあった。

12月10日に発生した介護保険認定に関する書類の紛失では、14件の個人情報が含まれていたが、他事務処理ミスでは、いずれも流出した個人情報を5件以下としている。

(Security NEXT - 2021/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
業務端末を置き忘れて紛失、個人情報は内部メールのみ - 名古屋電機工業
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ
個人情報含む一部建物事前調査報告書が所在不明 - 新潟県