Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に情報漏洩のおそれ - アップデートで修正

Adobe Systemsは、情報漏洩の脆弱性へ対処した「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のセキュリティアップデートを公開した。

同社では、米時間毎月第2火曜日のいわゆる「パッチチューズデー」である米時間12月8日にアップデートを同じ週内に公開するとの予告を行っていたが、結果としては翌9日にリリースとなった。

入力値の検証に問題があり、情報が漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2020-29075」に対処した。悪用は確認されていない。脆弱性は、「Windows」「macOS」の双方に影響し、重要度を3段階中2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングしている。

同社は、「Continuousトラック」向けに脆弱性を解消したアップデート「同2020.013.20074」をリリース。あわせて「Classicトラック」向けに「同2020.001.30018」「同2017.011.30188」の提供を開始した。

適用優先度については、いずれも予告どおり3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開