Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約21万件含む旧サーバが所在不明 - 都内ホテル

オリックス・ホテルマネジメントは、同社が運営するホテルにおいて、顧客情報を記録したサーバが所在不明になっていることを明らかにした。外部に持ち出された可能性があるという。

同社が運営する「ハンドレッドステイ 東京新宿」において、過去に利用していた顧客情報を含む旧サーバが所在不明となっていることが12月2日に判明したもの。

2010年7月14日から2018年2月2日までに同ホテルを予約したり、利用した顧客に関する個人情報約20万9000件が記録されていた。氏名や住所、電話番号、ファックス番号、性別、生年月日、メールアドレスなどを含むが、このうち約10万2000件に関しては氏名のみだとしている。

問題のサーバは、2018年2月にデータを新しいシステムに移管した後、機械室で保管していたが、社有資産の棚卸しを行ったところ、見当たらないことに気がついたという。

12月4日の時点で、顧客情報の不正利用や、金銭的被害の報告などは受けていない。外部に持ち出された可能性も否定できないとして、警察に被害届を提出したうえで社内調査を進めている。

(Security NEXT - 2020/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市