Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約21万件含む旧サーバが所在不明 - 都内ホテル

オリックス・ホテルマネジメントは、同社が運営するホテルにおいて、顧客情報を記録したサーバが所在不明になっていることを明らかにした。外部に持ち出された可能性があるという。

同社が運営する「ハンドレッドステイ 東京新宿」において、過去に利用していた顧客情報を含む旧サーバが所在不明となっていることが12月2日に判明したもの。

2010年7月14日から2018年2月2日までに同ホテルを予約したり、利用した顧客に関する個人情報約20万9000件が記録されていた。氏名や住所、電話番号、ファックス番号、性別、生年月日、メールアドレスなどを含むが、このうち約10万2000件に関しては氏名のみだとしている。

問題のサーバは、2018年2月にデータを新しいシステムに移管した後、機械室で保管していたが、社有資産の棚卸しを行ったところ、見当たらないことに気がついたという。

12月4日の時点で、顧客情報の不正利用や、金銭的被害の報告などは受けていない。外部に持ち出された可能性も否定できないとして、警察に被害届を提出したうえで社内調査を進めている。

(Security NEXT - 2020/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市