Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約21万件含む旧サーバが所在不明 - 都内ホテル

オリックス・ホテルマネジメントは、同社が運営するホテルにおいて、顧客情報を記録したサーバが所在不明になっていることを明らかにした。外部に持ち出された可能性があるという。

同社が運営する「ハンドレッドステイ 東京新宿」において、過去に利用していた顧客情報を含む旧サーバが所在不明となっていることが12月2日に判明したもの。

2010年7月14日から2018年2月2日までに同ホテルを予約したり、利用した顧客に関する個人情報約20万9000件が記録されていた。氏名や住所、電話番号、ファックス番号、性別、生年月日、メールアドレスなどを含むが、このうち約10万2000件に関しては氏名のみだとしている。

問題のサーバは、2018年2月にデータを新しいシステムに移管した後、機械室で保管していたが、社有資産の棚卸しを行ったところ、見当たらないことに気がついたという。

12月4日の時点で、顧客情報の不正利用や、金銭的被害の報告などは受けていない。外部に持ち出された可能性も否定できないとして、警察に被害届を提出したうえで社内調査を進めている。

(Security NEXT - 2020/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都