Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。開発チームでは、アップデートを呼びかけるとともに、アップロードされた既存ファイルについても確認するよう求めている。

開発チームによれば、アップロードされたファイルのファイル名に対して正しくサニタイズ処理を行っておらず、誤った拡張子として処理されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-13671」が明らかとなったもの。

脆弱性が悪用されると、ファイルが誤ったMIMEタイプで処理されたり、サーバの設定によってはリモートでコードを実行されるおそれがある。脆弱性の重要度は、5段階中、2番目にあたる「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

開発チームは、脆弱性に対処した「同9.0.8」「同8.9.9」「同8.8.11」「同7.74」を提供。「同8.8」より以前のバージョンについてはアップデートの提供予定はなく、「同8.8.11」へのアップデートを求めている。

また過去にアップロードされたすべてのファイルについて、「filename.php.txt」のようにアンダースコアが入っておらず、重複した拡張子が含まれるものがないか、確認するよう利用者に促した。

特に「phar」「php」「pl」「py」「cgi」「asp」「js」「html」「htm」「phtml」などの拡張子が含まれている場合、危険があり注意が必要であると指摘している。

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ