Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。開発チームでは、アップデートを呼びかけるとともに、アップロードされた既存ファイルについても確認するよう求めている。

開発チームによれば、アップロードされたファイルのファイル名に対して正しくサニタイズ処理を行っておらず、誤った拡張子として処理されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-13671」が明らかとなったもの。

脆弱性が悪用されると、ファイルが誤ったMIMEタイプで処理されたり、サーバの設定によってはリモートでコードを実行されるおそれがある。脆弱性の重要度は、5段階中、2番目にあたる「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

開発チームは、脆弱性に対処した「同9.0.8」「同8.9.9」「同8.8.11」「同7.74」を提供。「同8.8」より以前のバージョンについてはアップデートの提供予定はなく、「同8.8.11」へのアップデートを求めている。

また過去にアップロードされたすべてのファイルについて、「filename.php.txt」のようにアンダースコアが入っておらず、重複した拡張子が含まれるものがないか、確認するよう利用者に促した。

特に「phar」「php」「pl」「py」「cgi」「asp」「js」「html」「htm」「phtml」などの拡張子が含まれている場合、危険があり注意が必要であると指摘している。

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース