Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市

北海道網走市は、10年前に募集したタイムカプセルのメッセージを紛失したことを明らかにした。誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同市によれば、2010年11月23日に開催したイベントにおいて、来場した児童に「10年後の網走の姿」「10年後の自分の姿」を予想するメッセージを募集。メッセージは10年間文化交流センターで保存し、2020年11月23日に開封して本人に伝える予定だった。

メッセージは紙製の箱に入れて、文化交流センター内の書庫に未開封で保管。メッセージの開封を行う2020年を迎えたことから確認したところ、メッセージの紛失が判明した。

同市は、確認業務の不備や事務局担当者間の事務引き継ぎに不備があり、過去に書庫を整理した際に箱ごと廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2020/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市