Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS

SBペイメントサービスは、同社オンライン決済サービスの導入事業者向けに、クレジットカード決済の不正検知サービス「AI不正検知」を提供開始した。

同サービスは、クレジットカード決済ごとに不正パターンとの類似性をスコアとしてリアルタイムに算出し、不正な取り引きの発見を支援するもの。年間数億件を超える決済データから不正パターンの機械学習モデルを作成、活用するという。

無料で利用できる「フリープラン」など、3種類のプランを用意。月額料金制となる上位プラン「スタンダードプラン」「アドバンストプラン」では、事業者独自のルールを設定したり、不審な取引に対して追加認証を行える。

(Security NEXT - 2020/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance