Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Western Digital My Cloud」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Western Digitalが提供する「My Cloud OS 5ファームウェア」に深刻な脆弱性が判明した。アップデートがリリースされている。

スタックバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-12830」が判明したもの。権限の昇格が生じ、任意のコードを実行されるおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

「My Cloud Mirror Gen2」「My Cloud EX2 Ultra」「My Cloud EX4100」「My Cloud PR2100」「My Cloud PR4100」などに影響があり、Western Digitalでは、脆弱性に対処したファームウェア「同5.04.114」をリリースした。脆弱性の修正以外にもセキュリティ対策の強化やバグの修正などを実施したという。

(Security NEXT - 2020/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を