Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府

大阪府において、健康診断内容の内容や印影など含む「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明となっている。

茨木保健所生活衛生室薬課分室において「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明となっていることが判明したもの。

10月19日に麻薬施用者免許の年末更新対象者へ更新申請の督促を行ったところ、すでに申請済みとの回答があり、紛失していることが判明した。

問題の書類には、申請した医師の氏名や医師免許番号、住所、生年月日、印影、関連法規違反の有無、精神機能障害の有無、麻薬中毒者や覚醒剤の中毒者でないことの診断内容のほか、申請者の健康診断を行った医師の氏名や勤務先、印影なども含まれる。

同府は、他書類に混在させて紛失した可能性が高いと説明。関係者を訪問して謝罪した。

(Security NEXT - 2020/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
顧客情報記載の工事伝票を紛失 - 中部電力パワーグリッド
個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店