Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府

大阪府において、健康診断内容の内容や印影など含む「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明となっている。

茨木保健所生活衛生室薬課分室において「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明となっていることが判明したもの。

10月19日に麻薬施用者免許の年末更新対象者へ更新申請の督促を行ったところ、すでに申請済みとの回答があり、紛失していることが判明した。

問題の書類には、申請した医師の氏名や医師免許番号、住所、生年月日、印影、関連法規違反の有無、精神機能障害の有無、麻薬中毒者や覚醒剤の中毒者でないことの診断内容のほか、申請者の健康診断を行った医師の氏名や勤務先、印影なども含まれる。

同府は、他書類に混在させて紛失した可能性が高いと説明。関係者を訪問して謝罪した。

(Security NEXT - 2020/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市