Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア

メール関連ソリューションを提供するクオリティアは、顧客からの問い合わせメールなどが、外部オンラインサービス上で閲覧可能となっていたことを明らかにした。

同社によれば、カスタマーサポートセンターで同社顧客とやり取りしたメール1292件が外部オンラインサービスで一時閲覧可能となっていたもの。メールアドレスやニックネームなどが含まれる。

9月18日16時ごろ、外部オンラインサービスの閲覧者から指摘があり、問題が判明した。

製品開発の一環として一部機能の研究開発を依頼していた委託先において、9月14日12時ごろ、担当者の不注意により、関係者以外が閲覧できる状態で外部オンラインサービスにアップロードしてしまったという。

問題発覚を受け、同社では外部より閲覧できないよう委託先に対して対応を要請。10月16日の時点で閲覧できない状態となっている。情報流出の可能性がある顧客に対しても対応を進める。

(Security NEXT - 2020/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正
申込フォームでセミナー参加者の個人情報が流出 - 愛知県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
通販サイトでほかの顧客の個人情報が閲覧できる状態に - 平和堂
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市