Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性

「VMware Horizon Client for Windows」に脆弱性が明らかとなり、VMwareは脆弱性を修正するアップデートをリリースした。

ファイルシステムにおいてアクセス制御に起因するサービス拒否の脆弱性「CVE-2020-3991」が明らかとなったもの。インストール時のシンボリックリンクに対する攻撃によって、管理者特権のファイルを上書きすることが可能となり、サービス拒否が生じるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」によるスコアは「5.9」で、重要度を4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングしている。

同社は脆弱性を修正した「同5.5.0」をリリースし、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中