Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市管理サーバが迷惑メールを不正中継 - 笠間市

茨城県笠間市は、同市が管理する職員緊急招集用メーリングリストのサーバが、迷惑メールを中継していたことを明らかにした。

同市によれば、5月ごろから10月6日にかけて、同市が管理する職員緊急招集用メーリングリスト用サーバが、意図せず外部のメールを中継していたことが判明したもの。同市では原因など詳細について調査を進めている。

同サーバによって中継された迷惑メールを受信した場合は、添付ファイルやメール本文中のURLを開かず、メールごと削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
メールサーバがスパム配信の踏み台に - リクルートエージェント