Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - 悪用は未確認

トレンドマイクロがmacOS向けに提供している「ウイルスバスター for Mac」に権限昇格の脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品へアクセスが可能な攻撃者によってシンボリックリンクが作成され、任意のファイルやフォルダを削除されるおそれがある権限昇格の脆弱性「CVE-2020-25776」が明らかとなったもの。

「同10.0」「同9.0」が影響を受ける。共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」のベーススコアは「7.8」とレーティングされている。トレンドマイクロによれば、脆弱性の悪用は確認されていないという。

同社は自社サイトによる告知のほか、周知のためJPCERTコーディネーションセンターへ報告。JVNなどを通じても注意が喚起されている。

修正は「同10.0.1803」以降で実施しており、アップデートは自動で配信されている。旧バージョンの利用者に対しては、最新となる「同11」へのアップグレードを検討するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を