Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証、10月2日は通常どおり売買実施

東京証券取引所は、10月2日の立会内取引とToSTNeT取引について、通常どおり実施する方針だ。

東京証券取引所は、前日1日にシステム障害によって終日取引できない状況に陥ったが、10月2日は通常どおり売買を実施する。基準値段は、10月1日と同じ基準値段または板中心値段を採用。重複上場外国銘柄に関しては別途値段を定める。

10月1日に空売り価格規制の対象となっていた銘柄については、引き続き空売り価格規制の対象銘柄となるほか、9月30日に制限値幅の拡大要件に抵触した銘柄が、10月2日の売買でも要件に抵触した場合、翌営業日となる10月5日の売買において、制限値幅の拡大を行うとしている。

同じく停止していた立会時間外取引市場の「ToSTNeT(Tokyo Stock exchange Trading Network system)」についても8時20分から取引可能になるという。

(Security NEXT - 2020/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器