Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証、10月2日は通常どおり売買実施

東京証券取引所は、10月2日の立会内取引とToSTNeT取引について、通常どおり実施する方針だ。

東京証券取引所は、前日1日にシステム障害によって終日取引できない状況に陥ったが、10月2日は通常どおり売買を実施する。基準値段は、10月1日と同じ基準値段または板中心値段を採用。重複上場外国銘柄に関しては別途値段を定める。

10月1日に空売り価格規制の対象となっていた銘柄については、引き続き空売り価格規制の対象銘柄となるほか、9月30日に制限値幅の拡大要件に抵触した銘柄が、10月2日の売買でも要件に抵触した場合、翌営業日となる10月5日の売買において、制限値幅の拡大を行うとしている。

同じく停止していた立会時間外取引市場の「ToSTNeT(Tokyo Stock exchange Trading Network system)」についても8時20分から取引可能になるという。

(Security NEXT - 2020/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず