Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金

埼玉県信用金庫は、顧客情報を含む外国送金関係書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同金庫によれば、本部の担当部署で8月26日に定例点検を実施した際、5月分の外国送金関係書類が見当たらないことが判明したもの。

所在がわからなくなっているこれら書類には、顧客の氏名や住所、口座番号、取引金額などが記載されており、法人顧客149件、個人顧客24件など、あわせて173件の顧客情報が含まれる。

同金庫は、これら書類が不正に持ち出された形跡はなく、不要な書類を整理した際に誤って廃棄した可能性が高いと説明。不正利用の報告や、問い合わせなども寄せらていないという。

(Security NEXT - 2020/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市