Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県

新潟県は、過去に非行や違法行為を行った教員の個人情報を含むファイルを同県職員が誤って送信するミスがあったことを公表した。

同県によれば、違法行為や不正行為の根絶に向けて、9月1日11時前に同県義務教育課職員が教育事務所や県内市町村の教育委員会、県立特別支援学校などへメールを送信したところ、添付されていた表計算ファイルに非行や違法行為を過去に行った教員10人に関する情報が含まれていたという。

送信から約15分後に受信した教委から指摘があり問題が判明。送信先にメールの削除を依頼した。

また同県では、県立高校で生徒2人分の医療などの情報が記載された書類の紛失が8月25日に判明している。教員が保管場所にないことに気がついたもので、捜索したが見つかっていない。

(Security NEXT - 2020/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
教師養成講座受講予定者のメールアドレスが流出 - 大阪市
法人向け案内メールで、メールアドレスが流出 - すららネット
マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
不動産投資クラウドファンディングの事前登録者メアドが流出
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者