Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県

新潟県は、過去に非行や違法行為を行った教員の個人情報を含むファイルを同県職員が誤って送信するミスがあったことを公表した。

同県によれば、違法行為や不正行為の根絶に向けて、9月1日11時前に同県義務教育課職員が教育事務所や県内市町村の教育委員会、県立特別支援学校などへメールを送信したところ、添付されていた表計算ファイルに非行や違法行為を過去に行った教員10人に関する情報が含まれていたという。

送信から約15分後に受信した教委から指摘があり問題が判明。送信先にメールの削除を依頼した。

また同県では、県立高校で生徒2人分の医療などの情報が記載された書類の紛失が8月25日に判明している。教員が保管場所にないことに気がついたもので、捜索したが見つかっていない。

(Security NEXT - 2020/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー