Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加

総務省は、プロバイダ責任法において侵害情報の発信者に関する開示項目を定める省令について改正を行った。発信者の開示対象として電話番号が加えられた。

「発信者情報開示の在り方に関する研究会」において、開示対象の追加には省令の改正を行うことが適当であるとの中間取りまとめを受け、省令の一部を改正したもの。権利侵害を行った発信者に関して、開示の対象となる情報に発信者の電話番号が追加された。

これにともない同省では、電気通信事業者向けの個人情報保護に関するガイドライン解説の改正案を作成。パブリックコメントを開始した。

パブリックコメント案に対する意見は、メールや郵送、ファックス、電子政府の総合窓口であるe-Govなどで受け付ける。募集期間は9月30日まで。

(Security NEXT - 2020/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件