Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数メーカーの「ATM」に脆弱性 - 預金不正引出や乗っ取りのおそれ

ソフトウェアの更新に用いる証明書に強度の低い暗号を利用しているため、解析されて不正なファイルを読み込み、任意のコードを実行される「CVE-2020-10125」、認証を回避され、ムーバブルメディアから任意のファイルを読み込み、システム権限で実行する「CVE-2020-10126」などが明らかとなった。

また「Diebold Nixdorf ProCash 2100xe USB ATM」についても、通信内容の窃取や改ざんが行われるおそれがあり、預金額の改ざんといったリスクが指摘されている。

セキュリティ機関では、各社が提供する脆弱性情報を確認し、ソフトウェアのアップデートを実施するよう注意を喚起。また「APTRA XFS」の一部バージョンについてはサポートが終了しており、同バージョンが動作する機器については、入れ替えなども検討するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース