Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出

静岡新聞社と静岡放送が運営するランニング事業「Run de Mark」の事務局においてメールの送信ミスがあり、「ペーサー検定」の受検者に関するメールアドレスが流出したことがわかった。

同事務局によれば、8月7日15時過ぎ、オンラインミーティングの接続先について記載したメールをペーサー検定受検者に対し送信した際、送信先のメールアドレス300件を誤って宛先に入力。受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同事務局では対象となる受検者に対し、報告と謝罪を行うとともに、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プレミアム付き商品券の発行事業でメール誤送信 - 唐津市
ボランティア登録した高校生宛のメールで誤送信 - 愛媛県
メール誤送信、育児セミナー参加予定者のメアド流出 - 大阪市
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
企業担当者の案内メールで誤送信 - ひろしま産業振興機構
教委でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 毛呂山町
報道関係者宛のメールで誤送信 - 埼玉労働局
高齢者向け住宅登録事業者宛のメールで誤送信 - 大阪府
メール誤送信で講座受講予定者のメアド流出 - 江戸川区
メール誤送信で研修会参加希望者のメアド流出 - 都立学校