Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施

また同社のコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスタークラウド」に複数の脆弱性が明らかとなった。

同製品のドライバに、域外のメモリを読み込み、クラッシュするおそれがある脆弱性「CVE-2020-15603」が存在。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは、「6.0」とレーティングされている。

また同製品のインストーラに同一ディレクトリにある意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2020-15602」についても明らかとなった。インストールされた製品については脆弱性の影響を受けない。同社では脆弱性を修正するアップデートやインストーラーを用意している。

いずれの脆弱性も同社が周知を目的にJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、公開にあたり同センターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2020/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性などを修正
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開