Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市

千葉県我孫子市の教育委員会においてメールの送信ミスがあり、団体代表者のメールアドレスが流出する事故が発生した。

同市によれば、7月9日17時前に市内小中学校体育施設の開放について団体説明会の開催を案内するメールを送信したところ、ミスが発生したもの。送信先を誤って宛先に設定したため、登録している団体代表者のメールアドレス176件が受信者間で閲覧できる状態となった。

誤送信の10分後、メールを受信した団体から指摘があり問題が判明。同市では同日中に対象となる団体代表者に、メールで説明と謝罪をするとともに、誤送信したメールの削除を依頼。電話による連絡も行ったという。

(Security NEXT - 2020/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
講談社主催の女性アイドルオーディションでメアドが流出
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省