Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市

千葉県我孫子市の教育委員会においてメールの送信ミスがあり、団体代表者のメールアドレスが流出する事故が発生した。

同市によれば、7月9日17時前に市内小中学校体育施設の開放について団体説明会の開催を案内するメールを送信したところ、ミスが発生したもの。送信先を誤って宛先に設定したため、登録している団体代表者のメールアドレス176件が受信者間で閲覧できる状態となった。

誤送信の10分後、メールを受信した団体から指摘があり問題が判明。同市では同日中に対象となる団体代表者に、メールで説明と謝罪をするとともに、誤送信したメールの削除を依頼。電話による連絡も行ったという。

(Security NEXT - 2020/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜