Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処

Oracleは、四半期ごとに公開している「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて「Java SE」のアップデートを実施し、複数の脆弱性を修正した。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、今回のアップデートでは、あわせて11件に対応した。いずれもリモートより悪用されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてスコアが「7.0」以上とされる脆弱性は「CVE-2020-14664」「CVE-2020-14583」「CVE-2020-14593」の3件だった。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 14.0.2」「同11.0.8」「同8u261」「同7u271」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も