Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、脆弱性やバグの修正を行ったブラウザの最新版「Firefox 78.0.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、「X-Frame-Options」による設定をバイパスし、許可していない場合にもオブジェクトやエンベッドタグによって他サイトのフレームが設置できる脆弱性を修正した。

脆弱性の重要度は4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングしている。CVE番号については申請中で、7月9日の時点で採番されていない。

「Firefox 78.0.2」で修正した脆弱性は上記の1件のみで、そのほか3件のバグに対処したという。

(Security NEXT - 2020/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ