Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Framemaker」に3件の深刻な脆弱性

Adobe Systemsは、「Adobe Framemaker」向けに複数の深刻な脆弱性を修正するアップデートをリリースした。

同製品にメモリ破壊の脆弱性「CVE-2020-9636」や域外のメモリへ書き込みが可能となる「CVE-2020-9634」「CVE-2020-9635」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用されるとコードを実行されるおそれがあり、同社は脆弱性の重要度を3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。脆弱性の悪用は確認されていない。

同社は、脆弱性を解消した「Adobe Framemaker 2019.0.6」をリリース。適用優先度については、3段階中もっとも低い「3」とし、任意のタイミングで更新するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性