Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス

丸井グループの子会社が展開する「エポスカード」を装ったフィッシングメールが確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

同協議会によれば、「エポスカードの異常な支払いお知らせ」といった件名でフィッシングメールが送信されていることが判明したもの。

メールの本文では、不正使用を検出し、クレジットカードを凍結したなどと説明。再開の設定手続きなどと称して、フィッシングサイトへ誘導し、IDやパスワード、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード、生年月日、電話番号などの情報をだまし取ろうとしていた。

攻撃者が設置したフィッシングサイトのドメインには、「epos」の文字列が含まれており、HTMLメールには、同サイトへ誘導するリンクが複数含まれる。

一方でリンク先と見せかけて画面上で表示させたURLの一部が、「エポスカード」とはまったく関係ないコード決済サービス「PayPay」のURLとなっていた。攻撃者が「PayPay」を装うフィッシング攻撃にも関与し、文面を使いまわしている可能性もある。

20200611_ap_001.jpg
エポスカードを装うフィッシングメールの文面。誤って関係ない他決済サービスのURLを記載していた(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2020/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
「dアカウントがまもなく停止」 - NTTドコモ装うフィッシングに注意
「長期間パスワードを変更していない」と変更依頼を装うフィッシングに注意
「三井住友銀行」や「三井住友カード」を装うフィッシング攻撃
クレジットカード「ゆめカード」の利用者を狙ったフィッシング
「PayPay銀行」装うフィッシング - Visaデビット番号を標的に
音楽配信サービス「Spotify」のフィッシング攻撃が発生中
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開