Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市

大阪市は、市立高校において、生徒や保護者の個人情報が記載された書類の誤配布が発生したことを公表した。

同市によれば、授業料の適正管理において個人情報を調査、利用するための同意書を、誤って関係ない生徒へ渡したもの。問題の同意書には、生徒13人や保護者24人に関する氏名、住所、生徒の生年月日と性別、保護者と生徒の続柄などが記載されていた。

5月13日に再提出が必要となった生徒へ書類を返却した際、氏名など確認せず、誤って他生徒の書類もまとめて渡してしまったという。同日、書類を持ち帰った生徒の保護者から、他生徒の書類が入っているとの連絡があり、誤配布が判明した。

同校では同日、誤って書類を渡した生徒宅を訪問し、謝罪するとともに書類を回収。関連する生徒については、電話で保護者に事情を説明し、謝罪したという。

(Security NEXT - 2020/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀
封入ミスで別人の就学支援金通知書を送付 - 神奈川県
学校見学会中止の通知メールを誤送信 - 都立高校
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
学費振替情報を無関係79校に誤送信 - かながわ信金
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高