Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学

情報科学芸術大学院大学において、メールの送信ミスが発生し、オンライン進学相談会の参加者のメールアドレスが流出したことがわかった。

岐阜県によれば、同大の事務局職員が送信したオンライン進学相談会の案内メールにおいて誤送信が発生したもの。

5月27日19時過ぎ、オンライン進学相談会第一部の参加者4人と第二部の参加者7人に対し、それぞれ案内メールを送信。その際送信先を誤って宛先に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

メール送信後、同大教員の指摘により誤送信が判明。対象となる参加者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2020/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
顧客宛のメールで4回にわたり「CC」送信 - バイク王
受託業者がメール誤送信、イベント出展団体のメアド流出 - 埼玉県
メール誤送信で講座申込者のメアド流出 - 久留米地区職業訓練協会
イベント案内メール誤送信、メアド流出 - 小松市埋蔵文化財センター
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県