Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市

茨城県つくば市は、複数の組織に対し、過去に扱った関係ない個人情報を含むファイルを誤って送信したことを公表した。

同市によれば、生涯学習推進課において4月10日15時ごろ、市内の小中高校へ研究者が出張講義を行う「科学出前レクチャー事業」において教育ボランティアの個人情報を含んだ表計算ファイルを、メールで送信するミスが発生したもの。

講師が保険加入するために記入するファイルを18の研究機関にメールで送信したところ、ファイル内に別事業に関する個人情報が含まれていた。家庭教育学級保育ボランティア89人分の氏名や性別で、一部にはメールアドレス、生年月日、郵便番号が含まれる。

5月26日10時ごろ、受信した研究機関の担当者から指摘があり、問題が判明した。同市では18研究機関に対し、誤送信したファイルの削除を依頼。対象となるボランティアに対し、電話で謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
顧客宛のメールで4回にわたり「CC」送信 - バイク王
受託業者がメール誤送信、イベント出展団体のメアド流出 - 埼玉県
メール誤送信で講座申込者のメアド流出 - 久留米地区職業訓練協会
イベント案内メール誤送信、メアド流出 - 小松市埋蔵文化財センター
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県