Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意

「Amazon」を装ったフィッシングメールが断続的に確認されている。日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が注意を呼びかけた。

増加傾向のフィッシング攻撃において、「Apple」「LINE」「楽天」などとともに、「Amazon」は悪用されることの多いブランドのひとつだが、5月に入ってからも断続的にフィッシング攻撃が展開されている。

同センターによれば、問題のメールは、「Amazonセキュリティ警告」「Amazon異常は検出されました。」といった件名で出回っていた。

本文には「異常は検出されました。」「新しいデバイスからサインインしましたか?」などと記載。日時、デバイスの種類、場所など、でたらめの情報を示し、あたかも受信者以外のデバイスからサインインが行われたかのように誤解させ、リンク先の偽サイトへ誘導していた。

リンク先のフィッシングサイトでは、IDやパスワード、クレジットカード情報などをだまし取られるおそれがある。繰り返し、同様のメールが確認されており、今後も出回る可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「長期間パスワードを変更していない」と変更依頼を装うフィッシングに注意
「三井住友銀行」や「三井住友カード」を装うフィッシング攻撃
クレジットカード「ゆめカード」の利用者を狙ったフィッシング
「PayPay銀行」装うフィッシング - Visaデビット番号を標的に
音楽配信サービス「Spotify」のフィッシング攻撃が発生中
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口