Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Samsung製Android端末に深刻な脆弱性 - MMSで悪用可能

Samsung製のAndroid端末に深刻な脆弱性が存在し、細工された画像ファイルを処理することで任意のコードを実行されるおそれがあることがわかった。アップデートが提供されている。

同社が2014年後半以降に提供している端末において、画像処理のために独自にAndroid Skiaライブラリへ追加している「Qmageコーデック」の処理に、メモリ域外に書き込みが可能となる脆弱性「CVE-2020-8899」が明らかとなったもの。

同コーデックは、韓Quramsoft(現Fingram)が開発した拡張子が「.qmg」とされる画像フォーマット「QM」「QG」へ対応したもの。

MMSメッセージの受信時など、端末上で同コーデックが自動的に画像を処理するため、細工したファイルを用いることでリモートよりコードの実行が可能になる。

Samsungが提供する「Android バージョンO(8.X)」「同P(9.0)」「同Q(10.0)」に影響があり、共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のスコアは最高値となる「10」。「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。脆弱性の指摘を受けたSamsungでは5月に公開したアップデートで修正した。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に