Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Samsung製Android端末に深刻な脆弱性 - MMSで悪用可能

Samsung製のAndroid端末に深刻な脆弱性が存在し、細工された画像ファイルを処理することで任意のコードを実行されるおそれがあることがわかった。アップデートが提供されている。

同社が2014年後半以降に提供している端末において、画像処理のために独自にAndroid Skiaライブラリへ追加している「Qmageコーデック」の処理に、メモリ域外に書き込みが可能となる脆弱性「CVE-2020-8899」が明らかとなったもの。

同コーデックは、韓Quramsoft(現Fingram)が開発した拡張子が「.qmg」とされる画像フォーマット「QM」「QG」へ対応したもの。

MMSメッセージの受信時など、端末上で同コーデックが自動的に画像を処理するため、細工したファイルを用いることでリモートよりコードの実行が可能になる。

Samsungが提供する「Android バージョンO(8.X)」「同P(9.0)」「同Q(10.0)」に影響があり、共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のスコアは最高値となる「10」。「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。脆弱性の指摘を受けたSamsungでは5月に公開したアップデートで修正した。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を