Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Samsung製Android端末に深刻な脆弱性 - MMSで悪用可能

Samsung製のAndroid端末に深刻な脆弱性が存在し、細工された画像ファイルを処理することで任意のコードを実行されるおそれがあることがわかった。アップデートが提供されている。

同社が2014年後半以降に提供している端末において、画像処理のために独自にAndroid Skiaライブラリへ追加している「Qmageコーデック」の処理に、メモリ域外に書き込みが可能となる脆弱性「CVE-2020-8899」が明らかとなったもの。

同コーデックは、韓Quramsoft(現Fingram)が開発した拡張子が「.qmg」とされる画像フォーマット「QM」「QG」へ対応したもの。

MMSメッセージの受信時など、端末上で同コーデックが自動的に画像を処理するため、細工したファイルを用いることでリモートよりコードの実行が可能になる。

Samsungが提供する「Android バージョンO(8.X)」「同P(9.0)」「同Q(10.0)」に影響があり、共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のスコアは最高値となる「10」。「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。脆弱性の指摘を受けたSamsungでは5月に公開したアップデートで修正した。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中