Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Samsung製Android端末に深刻な脆弱性 - MMSで悪用可能

Samsung製のAndroid端末に深刻な脆弱性が存在し、細工された画像ファイルを処理することで任意のコードを実行されるおそれがあることがわかった。アップデートが提供されている。

同社が2014年後半以降に提供している端末において、画像処理のために独自にAndroid Skiaライブラリへ追加している「Qmageコーデック」の処理に、メモリ域外に書き込みが可能となる脆弱性「CVE-2020-8899」が明らかとなったもの。

同コーデックは、韓Quramsoft(現Fingram)が開発した拡張子が「.qmg」とされる画像フォーマット「QM」「QG」へ対応したもの。

MMSメッセージの受信時など、端末上で同コーデックが自動的に画像を処理するため、細工したファイルを用いることでリモートよりコードの実行が可能になる。

Samsungが提供する「Android バージョンO(8.X)」「同P(9.0)」「同Q(10.0)」に影響があり、共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のスコアは最高値となる「10」。「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。脆弱性の指摘を受けたSamsungでは5月に公開したアップデートで修正した。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を