Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急事態宣言対応の留学生宛て連絡メールで送信ミス - 中京大

中京大学は、緊急事態宣言にともない、外国人留学生に対してメールで連絡を取った際に送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、4月30日17時半ごろ、外国人留学生126人に対し送信したメールにおいて送信ミスが発生したもの。

送信先を誤って宛先に入力したため、メールアドレスと学籍番号、氏名が受信者間で閲覧できる状態となった。

誤送信後、担当職員がミスに気づき、問題が判明。対象となる留学生に対し謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府